合気道とは

合気道は、開祖植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統の武術の奥儀を究め、さらに厳しい精神的修行を経て作り上げた現代武道です。 開祖の理念は壮大なもので、「武は愛なり」、「神武不殺」(神の武道は人を殺さず)として、相手の暴力のみを封じ込め、相手の 生命を殺傷しません。人間生命の尊重が謳われる現代にふさわしい武道です。


合気道は、相手の力を合理的に使い、相手を投げたり抑えたりしますので、老若男女誰にでもできます。また、合気道は試合をしません。 「和の武道」、「動く禅」等とも言われる所以もここにあります。

合気道道主
写真は合気道道主 植芝守央先生の演武風景です。


合気道の持ち味 -合気道を始める人の目的は人それぞれ-

◆武道としての合気道 数多くの流派の古武術を極めた植芝盛平大先生が、これらの古武術の奥儀を統合し、編み出した新しい武 道です。
◆修養法としての合気道 合気道は、心と体を鍛えて、何ものにも屈しない精神力を養い、人間が求める最高の道をめざす精神修養法です。
◆護身術としての合気道 合気道は、相手の力を合理的に利用する技法を基本にしているので、非力な女性の護身術としても向いています。
◆心と体の健康法としての合気道 合気道に励む人は「気」の効用で皆明るい。体も少しずつ動かしていきますので、予防医学の立場からも役立ちます。
◆生涯教育の一環としての合気道 幼児から80歳超の老人まで合気道を楽しんでおり、合気道が生涯教育の道といわれる所以です。
◆日本の伝統文化としての合気道 日本的伝統の中で、武道として生まれ育った合気道は、決して仰々しくはなく、ごく自然に行うことのできる伝統文化です。
◆人間交流の絆としての合気道 合気道は現在世界約90ヶ 国に広まっており、人間交流の場として、国際的支持を得ています。


Copyright(c)2009 合気道 八千代円明会 All Rights Reserved. 千葉県八千代市で一緒に合気道をしませんか