植芝盛平合気道開祖年譜(抄)

明治16年  出生 合気道開祖、植芝盛平翁、植芝与六の長男として12月14日、現在の和歌山県田辺市元町に生まれる。
明治23年 ( 7歳) 四書五経に親しむ。生家に近い真言宗地蔵寺に日参す。
明治26年 (10歳) 宝刀寺(秋津村)にて参禅す。
明治28年 (12歳) 当時、父与六は村会議員。ある政治問題で反対派が、目に余る行為で父与六に迫るのをみて幼心にも、 正義心を燃やす。10歳頃から武道に関心を抱いていた心を更に強固にする。
明治30年 (14歳) 珠算の講師となる。算数は非常に得意。この年令の前後までは病弱な体で地元の田辺中学に入学したが 一年足らずで病気のための退学す。しかし武道の関心は深く、しばしば和歌山県に来県する名ある武道家 に教を乞う。この年より各流の武道の遍歴がはじまる。
明治34年 (18歳) 大商人を志して上京す。起倒流の戸張滝三郎氏に師事す。あと大阪にあって心臓脚気のために帰る
明治35年 (19歳) 毎日山野で心身を鍛える。旧家の糸川家の娘はつと結婚す。
明治36年 (20歳) 以前とは見違えるような強健で偉丈夫な体と変わる。和歌山31連隊に入隊。日露戦争の得利寺の戦に参加。 兵事の余暇に武道を修業す。
明治41年 (25歳) 後藤派柳生流柔術の免許を中井正勝氏の手を経て、坪井政之輔氏より得る。
明治44年 (28歳) 志あって政府募集の北海道開拓民に応募、北海道紋別郡白滝原野に五十五戸の同志を引き連れて移住。 広大な土地の開拓に着手す。長女松子、田辺にて生まる。
明治45年 (29歳) 紋別郡白滝在北湧別村(戸数約五千)の村会議員となる。遠軽の久田旅館で大東流柔術の武田惣角氏に会い教えを乞う。
大正 2年 (30歳) 人望厚く白滝王なる尊称で近隣から呼ばれる。
大正 5年 (33歳) 大東流柔術の免許を武田惣角氏から得る。
大正 6年 (34歳) 長男武盛生まる。
大正 7年 (35歳) 父与六危篤のために故郷に帰る。途中京都綾部町に立寄り初めて大本教の出口王仁三郎氏に会う。父与六逝去。 父の墓前で武道に徹することを誓う。京都綾部町に移住す。武の面と共に、更に精神的修行に打ち込む。
大正 9年 (37歳) 京都綾部町本宮山麓に修業道場、植芝塾を開設す。修業に没頭す。次男国治綾部に生まれる。武盛、国治死去す。
大正10年 (38歳) 三男吉祥丸綾部に生まれる。(6月27日生)
大正11年 (39歳) 「合気」という名称を天下に公表す。
大正13年 (41歳) 出口王仁三郎氏と共に入蒙辛酸をなめる。
大正14年 (42歳) 武道の新境涯を開く(開眼す)。本格的に「合気の道」と呼称して主唱する。東京或いは九州地方に出、子弟の訓育にあたる。 この年の前後は槍の稽古に専心す。識者の招きで上京し青山御所などで講習会を開く。
昭和 2年 (44歳) 一家を挙げて上京す。芝内金猿町の借家を借り道場とす。
昭和 3年 (45歳) 内海勝二男爵の借家に移転。八畳二問を抜いて道場とす。
昭和 4年 (46歳) 芝高輪車町の松下氏の借家を借り、八畳二間を抜いて道場とす。当時は合気柔術と呼称す。海軍大学校の武道教授となる。
昭和 5年 (47歳) 専門道場建設の準備として目白の下落合に借家を借り移転、当時この道場に講道館の嘉納師範が来訪される。
昭和 6年 (48歳) 現在の新宿区若松町に道場を建設す。皇武館と称す。これより各方面において大いに活躍す。
昭和15年 (57歳) 皇武館から寄付行為の認可により財団法人皇式会とす。武道振興委員会臨時委員となる。この年の前後から合気武道と呼称す。
昭和16年 (58歳) 茨城県岩間町に野外道場を設置す。
昭和17年 (59歳) 合気武道より合気道と呼称す。大いに「道」の発展をはかる。
昭和18年 (60歳) 大日本武徳会内に合気道部創設さる。茨城県岩間町に合気神社を建立。
昭和23年 (65歳) 財団法人皇武館を改組再編成して、財団法人合気会とす。
昭和27年 (69歳) この年の頃から東京、関西の各所で斯道の普及を大いにはかる。
昭和35年 (77歳) 紫綬褒章を合気道創始の功績を以って日本国政府より贈られる(11月3日)
昭和36年 (78歳) ハワイ合気会より招かれて渡布す。
昭和39年 (81歳) 勲四等旭日小綬章を、合気道創始の功績を以って、本国政府より贈られる。
昭和41年 (83歳) ブラジル国のカトリック教アポストリカ・オルトドシア教会大司教から同教会最高名誉称号の カトリック・アポストリカ・オルトドシア教伯爵号が贈られる。
昭和44年 (86歳) 合気道を創始し、武道精神を通し、現代スポーツの発展と社会の進歩に寄与した功績を以って 和歌山県田辺市名誉市民の称号を贈られる。同じく岩間町名誉町民。
昭和44年 (86歳) 4月26日午前5時、逝去す。この日、正五位勲三等瑞宝章を生前の合気道創始の功績と、その普及 の功により日本政府より贈られる。※植芝家菩提寺は、和歌山県田辺市稲城町の「真言宗御堂派正南面山蘇悉地院高山密寺」 (俗に高山寺)である。植芝盛平開租の生前の名は、「盛平」の他、別名「守高」「常盛」「晴眼」とも称した。 戒名は「合気院盛式円融大道士」。


Copyright(c)2009 合気道 八千代円明会 All Rights Reserved. 千葉県八千代市で一緒に合気道をしませんか