【29】 万有愛護の道

規範合気道応用編から、植芝守央道主のお言葉を抜粋し、ご紹介いたします。規範合気道は基礎編と応用編からなっています。是非ご購読されると良いと思います。


稽古になると、相手を崩す、投げるということを意識してしまいます。そうなると、よけいな力が働き、普段の生活でできているはずの動作ができなくなってしまいます。そこで、自然な動作が技のなかでもできるように、基本の体捌き、そしてそれを組み合わせた呼吸法をくり返し稽古するのです。そのときは呼吸力の出し方というよりも、自然な体の動かし方の稽古法としてとりくんでいただきたいと思います。


もちろん相手によって、動作のタイミングやスピード、また間合いも変わります。そのなかで無理のない自然な動きをする。一方的に合わせる、合わせてもらうのではなく、お互いが一つに溶けあうような稽古をめざす。そのなかで自分のことを考えながら、相手を尊重するという、真の協調性も養われていくことでしょう。「万有愛護の道」という開祖が唱えた合気道の基本精神が稽古そのもののなかに生きているのです。




★ 開祖の演武
     
               資料提供 YouTube  YouTubeハンドブックへ▶



Copyright(c)2009 合気道 八千代円明会 All Rights Reserved. 千葉県八千代市で一緒に合気道をしませんか