【34】 運動力学の原理応用 

「合気道講習会用テキスト」の中に、「運動力学の原理応用」の説明がありますので、ご紹介します。


※運動力学の原理応用(むりな力を使わずに相手を制する)
(1)テコの原理(偶力)
(2)コマの原理(遠心力と向心力)
(3)慣性の法則(反動)
(4)角運動量保存の法則


藤田昌武師範から教わっていることを追記します。
(1)崩すにはテコを利用する。相手との接点が支点だからそこを動かず、もっと遠くから動かす。
(2)遠くに投げてはいけない。臍の前でクルックルッとまわす。臍がスイッチ、臍から動かす。
(3)直線的に押しても引いてもいけない。円運動で動かす。
(4)バレエとかフィギアスケートのスピンと同じ。手を広げるとゆっくり回り、手を上下に使い、
   体に近づけると速く回れる。


藤田先生の動きは離れて見ているとゆっくりに見えます。しかし、実際に受けを取らせていただくと分かるのですが、とてつもなく速く、本当に一瞬です。




★ 藤田昌武師範の指導
     
               資料提供 YouTube  YouTubeハンドブックへ▶



Copyright(c)2009 合気道 八千代円明会 All Rights Reserved. 千葉県八千代市で一緒に合気道をしませんか