古事記研究

はじめに

奥村繁信師範から「合気神髄を読みなさい」と言われたのが平成5年12月でした。一読してまるで分からず、奥村先生にご相談したところ、「古事記を参考書にしてもう一度読みなさい」と言われました。開祖もよく「合気道を学ぶ者は古事記を学びなさい。合気道は古事記の営みじゃよ」と言われていたそうです。


その時から私は古事記に興味を持ち始め、「古事記」(訳本)を読むようになりました。古事記については沢山の訳本が出ていますが、訳者のとらえ方によってその訳も若干異なるようです。平成19年秋の夜、ふと古事記の現代語訳を自分で書いてみたいという衝動に駆られ、それらの訳本を参考にしながら、原文(写本)にかじりつき、古事記に登場する神々を整理しながら要約を書くことに挑戦しました。これは自分の頭を整理するためのものですが、同じ合気道を探究される方の一助になれば幸いと思います。


なお、古事記の研究は初歩の段階ですので、間違いがあればご指摘いただけるとありがたいです。


※勝手な訳
1.古事記には沢山の歌が出てきますが、私の浅い知識ではいまだ訳すことができませんので、
  すべて割愛しました。
2.章と項は便宜的に私がつけたものです
3.【追: 】は私の追記です。




目   次   (各章・項をクリックしてください)

第1章 天地の始まりから須佐之男の命の追放

 1.天地の始まり  6.天照大御神と須佐之男の命

 2.伊耶那岐の命と伊耶那美の命  7.誓約

 3.伊耶那美の命の死と火神への制裁  8.天の岩戸

 4.黄泉の国  9.五つの穀物誕生

 5.伊耶那岐の命の禊 10.八俣の大蛇退治
第2章 大国主の神の試練と国造り

11.因幡の白兎 14.理想の女性を求めて

12.八十神達の凶行 15.海から来た小さな神

13.根の堅州国での試練 16.謎の光る神の出現
第3章 地上の平定と天孫降臨

17.復命しない神々と末路 21.地上の平定と国譲り

18.建御雷之男の神の派遣 22.天孫降臨

19.事代主の神の服従 23.嫁選びの過ちと嫁の出産

20.建御名方の神との力比べ
第4章 水をも操る山幸彦

24.海幸彦・山幸彦兄弟による道具の交換 26.兄の服従

25.釣り針探し 27.神倭伊波礼毘古の命の誕生
 付: ◆古事記「上つ巻」に登場する神々(五十音順)      神々百科事典(Wikipedia)へ

目次第1章第2章第3章第4章◆古事記「上つ巻」に登場する神々(五十音順)


Copyright(c)2009 合気道 八千代円明会 All Rights Reserved. 千葉県八千代市で一緒に合気道をしませんか